【ドイツ製 デントラーマウント紹介】



ライフルスコープをもっと自由に。

デントラーだからできる事。

これまで、猟銃とライフルスコープの関係は常に1対1でした。

 

ライフル1挺に、

スコープ1本。

でもこれはもう過去の常識。

囚われ続けたマウントの鎖からハンターを解き放つ。それがデントラー。


【デントラー、マウントとしての特殊性】

ドイツ製のデントラーマウントの突出した特徴の一つに、上下ユニットを組み合わせた2つのレールから構成” されたマウント機構がありますゼロインが維持された状態を保持しつつ、ライフルスコープを含む光学機器を載せた上部ユニットを、猟銃のレシーバー部に取付けた下部ユニットから取り外し、或いは取付けをすることが出来ます。

 

【上部と下部】

構成される複合ユニット

上部ユニット(マウントレール)

こちらは上部ユニットです。リコイル時の衝撃にも光学機器の設定が決してズレることない工夫が施されています(*欧州大手猟銃メーカーでも既に採用)。中央部のスタッド(突起ピン)に加え、このピン前後に下部ユニットと噛合う爪が2組装備されています。

下部ユニット(ベースレール)

こちらは下部ユニットです。上部ユニットのスタッド(突起ピン)を受ける穴に加え、ピン前後に配置された2組の爪を高精度で受ける加工溝が準備されています。中央部にある3角形のツマミを180度回転させることで完全に上下ユニットはロックされます。

 


1本のベースレールだけで、異なる種類のライフルスコープ、ドットサイト、オープンサイトなどを同じ猟銃に取付けることが可能です(注:光学機器毎に上部ユニットのDentler マウントレールを取付ける必要があります)。

 

一度ゼロインを済ませた後は再調整を必要とせず、所持する全ての猟銃に複数の光学機器を簡単に載せかえ、使用することをも可能にする、それがデントラーマウントです。

 

こちらのYouTubeでは、Zeiss Victory Diavari 3-12x56を幾つかのライフル銃(Blaser R8, Merkel RX.Helix, Haenel Jager 10, Antonio Zoli 1900, Forest Favorit)に付け替えながら実施されたテストの様子がご覧いただけます。動画の最後には、続けて行われた距離50mで、Blaser R8にMeopta 1-6x24が取付けられ試射された結果も収められています。

デントラーは、ツマミひとつで素早い着脱が可能なマウントシステムです。



【上部ユニット】

マウントレールの説明

デントラーマウントでは、上部ユニットをマウントレールと呼んでいます。

このマウントレールには一般的なリング固定式から、ウィーバー/ピカティニーレール式ツァイスシュミットアンドベンダースワロフスキーといったインナーレール式のライフルスコープにも対応したモジュールが準備されています。従って、所有する光学機器を該当するマウントレールに載せることで、1本の猟銃に対し、複数のライフルスコープを使用することが可能です。

 

材質は、鋼鉄アルミからお選びいただくことが可能です。鋼鉄製は、アルミ製よりも重厚感と重さ、強度が高い金属としての特長が出ています。

 




【下部ユニット】

ベースレールの説明

デントラーマウントでは、部ユニットをベースレールと呼んでいます。

猟銃のレシーバー側に取付ける下側のグランドレールには、ベイシスバリオの2種類が準備されています。この2つのベースレールの見た目は一見、類似しているように見えますが、その機能は大きく異なります。材質はともに鋼鉄製になります。

 

【ベイシス】

【バリオ】



【取付けアドバイス】

【製品仕様】

【導入アドバイス】